悪いことこそしっかり伝える姿勢に安心。「資産価値」に重点を置いたマイホーム購入ができ大満足です!(K様 20代金融業)

※リニュアル仲介本部パイロット店でのお客様です。ミトミでも同じサービスを受けられます

購入した物件は築浅の物件で、リフォームなどは不要の物件でした。多くの不動産会社を回る中、地元の不動産会社が良いか、大手不動産会社が良いか等、大変迷ったのですが、共通していたのは「悪い情報を伝えないこと」でした。

不動産会社探しと同時に、いくつかのセミナーも聴きに行きました。多くの会社はリノベーションのデザインの話ばかりだったのですが、リニュアル仲介の「不動産の資産価値」に重きを置いて物件探しを進める点に魅力を感じて依頼することにしました。金融業に携わっていることもあり、「不動産が重要な資産である」という考えのもと、住宅購入に臨みました。

お客様の物語(リニュアル仲介株式会社)より

悪い情報こそ積極的に伝える姿勢が安心

マイホーム購入を考えた時、まず迷ったのが「どの不動産屋がいいのか」というもの。多くの不動産会社を回る中、不動産屋本位に物件を積極的に勧めてくる「いいことしか言わない不動産会社」。セミナーに行っても、リフォーム・リノベーション後のデザインの良し悪しばかり。

そんな中、リニュアル仲介では、悪い情報こそ積極的に伝え、「資産価値」にこだわったマイホーム探しをおすすめしています。金融業に携わっているKさんは、「不動産が重要な資産である」という考えのもと、リニュアル仲介の考え方に共感していただいたようです。

中古住宅は不安。その一つ一つにしっかり向き合います

Kさんはもともと、新築だと価値が下がることがわかっているため、中古以外の選択肢はなかったようです。でも、やっぱり中古住宅を購入する上での不安は、外から見えない中の様子。リニュアル仲介では、事前インスペクションをはじめ、地盤や災害への耐性などソトから分かりにくいところもしっかり調査します。

不動産の資産価値の推移もデータで説明し、資産価値が下がりにくい立地についてもご理解も深まった模様。不安を一つ一つ向き合い、取り除いていくリニュアル仲介のマイホーム探しにご納得いただきました。

不動産取引エージェントとしてトータルにサポート

今の家を購入した決め手は、立地の良さ、希少性、空前の低金利のタイミングの3要素で­した。当初の予算を1,000万円ほどオーバーしましたが、逆に予算を押さえて購入すると、将来資産価値が目減りしそうなことをご理解した上でのご決断でした。

住宅の「資産価値」に重点をおき、将来のライフプランも見据えながらトータル的に住宅­購入されました。これも、モノ(物件)売りではない、不動産のエージェントとして不動産取引を総合的にサポートするリニュアル仲介ならではの結果だと考えます。

今だけ限定公開中!【電子書籍】が無料ダウンロードできる!

これが知りたかった…「買ってはいけない不動産 行ってはいけない不動産屋」

これまで誰も言ってこなかった、不動産業界の裏側を大公開しています。

マイホームの買い方がわからない、不動産屋に騙されたくない、なぜ押し売りしてくるのか本当のところを知りたい…こういった方にはピッタリの内容です。これを読むことであなたは…



行ってはいけない不動産屋が見分けられるようになります
なぜ不動産会社が押し売りしてくるか分かります。押し売りが怖くなくなります
買ってはいけない物件がわかります
物件情報や過去の取引情報などが、どこに行けば効率よく入手できるかわかります
安心してマイホームの取引ができるようになります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA