家は買って終わりではありません。その後の新たな暮らしのことこそ、しっかりと考えておく必要があります。

家を買うとまずは住宅ローンの返済が始まります。毎月支払っていくもので、待ってはくれません。

「何千万円もの住宅ローンを組んで今後大丈夫なの?」「本当に払っていけるの?」こういった不安を拭うためにも、ファイナンシャルプラン(資金計画)を立てることがとても大切です。

「年収の〇倍」というザックリとした試算ではいけません。ご家族構成も、ライフスタイルも、趣味もなにもかも違います。

 

 

一人一人の状況に応じたオーダーメイドのファイナンシャルプランを立てることで、今後の家計の収支がよくわかります。

住宅資金のみならず、教育資金や老後資金まで含めて、いつ・いくら、お金が手元に残っているか分かります。繰上返済の最適な時期も分かります。

家を買った後に、実際の生活を送りながらその都度見直しをすることもできます。

「借りられる額」ではなく、「借りてよい額(返せる額)」を把握して、住宅購入をしましょう。