実例で考えましょう。

SUUMOなどの物件情報サイトに、同じ物件なのに複数の不動産屋が紹介しているのを見たことはないでしょうか。なぜこのようなことが起こるか、裏の仕組みはこうです。

 

実は不動産屋は、「REINS」(レインズ)という不動産会社専用の物件データベースでつながっています

そこからめぼしい物件を選び、ネットに転載しているに過ぎません(一部の非公開物件を除く)

「REINS」(レインズ)で物件情報を共有しているため、どこの不動産屋でも取引が可能です

大手でも中小でも、物件情報は同じ。物件情報そのものにあまり価値はない

※つまり、どの物件でも、あなたの好きな不動産屋を通じて購入することができるのです

 

だから不動産会社は、我先にとネットに物件を載せまくって買主様の目に触れるようにします。

そして問い合わせをしたお客様には、他社で契約されないよう、時には「押し売り」ともいえるしくこく強引な営業をかけてくるのです。