多くの不動産営業マンは、お客様を目の前にして、カチャカチャとパソコンを操作しています。

それがREINSです。自分たちだけREINSをみているのです。なぜ不動産屋さんはREINSを見せたがらないのでしょうか?

それは、REINSには売主側の情報が載っていて、直接他の不動産会社に行かれると自分の会社で取引がされなくなるためです。

ですので、来店しても販売図面の下側(帯)を自社名に変えて、まるで自社の物件のように伝えられます。

 

 

または、物件情報をSUUMOやat-homeなど、ネットの情報サイトだけに載せることで、自社へ問い合わせさせることにこだわります。

これでは、「どんな物件を紹介するのか?」は業者にゆだねられてしまいます。フェアな取引とはいえません。

しかも、そういったところで契約すれば、仲介手数料の中に広告費(ネットの物件掲載料)が多く含まれることになります。

REINSを含め、すべての情報を開示する不動産会社で取引を行うことが安全といえるでしょう。