物件はどの不動産屋でもほとんど同じ。不動産会社は自由に選べます。

営業マンからすれば、「他社で取引されてしまったら報酬がゼロ円だ…」と、早く契約させたもの勝ちとなってスピード勝負の押し売りになります。

つまり、(誰でもできる)物件紹介だけしか力を入れていない業者は危険な取引になりがちです。

仲介サービスそのものに魅力がなく、他の不動産屋さんにお客さんが流れることを怖がり、いいことだけ言って契約を迫るからです。

 

 

一方で、物件の資産性や安全性、快適性の検証に思いっきり力を入れている会社もいます。

そういった会社は、買主の代理人(エージェント)として買主のためだけに動きます。

物件はどこでも同じです。だからこそ、「本当にその物件を買っていいのか?」をしっかり検証するエージェント(不動産会社)を選びましょう。