マイホームは見た目で選んではいけません。販売広告図面に載っている物件情報だけをみて判断してもいけません。

不動産先進国の米国では当たり前ですが、将来、売ったり貸したりできるかどうかという「資産性」を検証した上で購入を判断したいものです。

特に、目先の契約が目的の仲介業者であれば、「いい物件ですよ!」とノーチェックでそのまま契約を促すことが少なくありません。

 

 

そうなると、将来、自宅を売ったり貸したりできず、大きな損を被ってしまいます。家が負債になり、生活を圧迫してしまうのです…。

お金を無駄にしないためにも、購入金額は妥当か・将来売却できるか・適正な家賃を取れるかを検証(チェック)しなければなりません。

つまり、「貸せて売れる」資産価値のある物件かどうかという、資産性の検証が求められるのです。