マイホームは見た目で選んではいけません。販売広告図面に載っている物件情報だけをみて判断してもいけません。

不動産先進国の米国では当たり前ですが、将来、売ったり貸したりできるかどうかという「資産性」を検証した上で購入を判断したいものです。

 

「いい物件ですよ!」とノーチェックでそのまま契約を促すことが少なくありません…
将来、自宅を売ったり貸したりできず、大きな損を被る。家が負債になり、生活を圧迫…
購入金額は妥当か・将来売却できるかなどを、しっかり検証(チェック)してから買いたい

 

物件はどの不動産屋さんも同じだけ持っています(不動産屋さんは物件情報をほぼ全て「REINS」という物件データベースで共有しています)。あなたが気になる物件はどの不動産会社でも取引できるのです。

それならば、お金を無駄にしないためにも、「貸せて売れる」資産価値のある物件かどうかという、資産性の検証をする不動産屋さんで取引しましょう。