どの会社でも取引できます。不動産屋はほぼ全ての物件を共有、情報量は同じ

もちろんミトミでも、あなたの気になる物件をお取引できます!

不動産会社は「REINS」(レインズ)というシステムで全国の物件情報を共有しています。

大手も中小も同じだけ物件情報を持っていますので、どこの不動産屋さんに行っても紹介できる物件は変わりません。

 

 

SUUMOなどの物件情報サイトに掲載されている物件も、されていない物件も、不動産屋にいけば同じ物件データベース「REINS」にアクセスすれば取引できます。

つまり、あなたが気になっている物件は、どの不動産会社でもお取引できます。つまり、嫌な業者はお断りして信頼できる業者を選べばいいのです。

 

なぜ不動産営業マンは、パソコンの画面(REINS)を見せたがらないのか?

多くの不動産営業マンは、お客様を目の前にして、カチャカチャとパソコンを操作しています。

それがREINSです。自分たちだけREINSをみているのです。なぜ不動産屋さんはREINSを見せたがらないのでしょうか?

それは、REINSには売主側の情報が載っていて、直接他の不動産会社に行かれると自分の会社で取引がされなくなるためです。

ですので、来店しても販売図面の下側(帯)を自社名に変えて、まるで自社の物件のように伝えられます。

 

 

または、物件情報をSUUMOやat-homeなど、ネットの情報サイトだけに載せることで、自社へ問い合わせさせることにこだわります。

これでは、「どんな物件を紹介するのか?」は業者にゆだねられてしまいます。フェアな取引とはいえません。

しかも、そういったところで契約すれば、仲介手数料の中に広告費(ネットの物件掲載料)が多く含まれることになります。

REINSを含め、すべての情報を開示する不動産会社で取引を行うことが安全といえるでしょう。

 

 

物件紹介屋ではなく「買っていい不動産か」検証するエージェントを選ぶ!

物件はどの不動産屋でもほとんど同じ。不動産会社は自由に選べます。

営業マンからすれば、「他社で取引されてしまったら報酬がゼロ円だ…」と、早く契約させたもの勝ちとなってスピード勝負の押し売りになります。

つまり、(誰でもできる)物件紹介だけしか力を入れていない業者は危険な取引になりがちです。

仲介サービスそのものに魅力がなく、他の不動産屋さんにお客さんが流れることを怖がり、いいことだけ言って契約を迫るからです。

 

 

一方で、物件の資産性や安全性、快適性の検証に思いっきり力を入れている会社もいます。

そういった会社は、買主の代理人(エージェント)として買主のためだけに動きます。

物件はどこでも同じです。だからこそ、「本当にその物件を買っていいのか?」をしっかり検証するエージェント(不動産会社)を選びましょう。

 

お客様は物件を楽しく選んでください。私たちはプロ目線で検証します

どの会社でもほぼ同じ物件情報を持っています。物件情報そのものにあまり価値はないといえます。

それよりも、「その不動産の価格は妥当か?」「将来、売れやすい物件か?」「耐震性に問題はないか?」など、資産性や安全性などをしっかりチェックすることこそ不動産会社の使命です。

 

 

私たちミトミは、検証業務にこそ力をいれているエージェントです。もちろん、すべてのリスク情報を開示します。

「その物件の価格は妥当か?」「購入リスクはなにか?」をしっかり評価します。

SUUMOやat-homeなどで気になる物件があれば、そのままミトミにお問い合わせください。

 

【ミトミでの検証する項目の一例】

  • エリアの特徴と物件の相場感・市況
  • 価格の妥当性の検証。広域立地・成約事例・経過年数(築年数)・公示地価・人口動態などを踏まえた適正価格の算定
  • 将来にわたった流動性(売りやすさ)の算定
  • 物件の個別リスク要因の抽出
  • 耐震性や地盤状況の調査
  • インスペクション(建物状況調査)の実施。必要に応じ耐震診断(戸建てのみ)やフラット適合検査
  • 土地・周辺環境の調査。活断層の位置や想定される地震の揺れの大きさなど
  • ハザードリスク(洪水や液状化などの災害耐性)のハザードマップ・古地図などによる検証

 

資産性・安全性・快適性などを具体的なデータと共に、あなたの気になる物件をしっかりと検証し、安全なお取引を実現します。