不動産業界のメカニズムを知れば不幸な取引(後悔)を防げる

不動産業界のイメージは千差万別

「不動産業界」この言葉を聴いてどのようなイメージを持つでしょうか。カネの亡者、情報合戦、騙しあい…こんなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。また、資産形成のプロ集団、経済状況に詳しいインテリ集団などとおっしゃる方もいるでしょう。

これらはすべて素直な印象でしょうし、同じものを違った視点からみているに過ぎないものといえるかもしれません。

thinking-man_ss不動産売買には大きなおカネも絡みますし、現在のみならず10年後20年後、もっと先を見据えた経済状況を見通すことが不可欠ですから質の高い情報が生命線です。

買ってからは動かせない、「不動」な「資産」である不動産。優良な資産を購入するには、事前調査をしっかりとした上でプロ目線の目利きも必要です。買った後のメンテナンスも資産形成に大きく影響します。

不動産取引は「多額」「長期」「不動」な取引であり、誰にも100%確実な未来を予想できないからこそ、さまざまな考え方が生まれ、それが騙しあいに映ることもあるかもしれません。

不動産業界を知り、己を知れば百戦危うからず

100%の「正しさ」がない中で不動産を購入するからこそ、まずは不動産業界の内実を知ることで不動産会社の考え方の背景を理解してください。

そうすれば、なぜ不動産会社によって言うことが違うのか、ごり押し営業の裏にはどういう競争原理が働いているのか、不動産の価格はどうやって決まるのか、などその理由がよく見えてきます。

study_woman_ssその上で、ご自身がなにを目的として不動産を購入されるのか、しっかりご自身のご希望をご理解ください。そうすれば、必要以上に不動産を怖がることなく、そして大きな買い物であっても恐るるに足らず、自分本位な納得したお取引につながると信じています。

「不動産を買う」という経験は人生の中でそう多く経験するものではありません。決して不幸な取引をしないよう、まずはしっかりと知恵をつけましょう!

不動産屋が強引な営業をする理由とその対策

[no_toc]業界構造が生む不動産屋の行動原理不動産屋が考えていることを知り、営業の背景を理解するお部屋やマイホーム、投資物件をお探しなど、不動産取引を行う際に不...

詳しくはこちら

不動産価格はどう決まるのか

[no_toc]不動産は価格の種類も計算手法も多種多様不動産価格は7つもある?不動産は大きな金銭が動く取引、その物件価格に納得して購入したいものです。また、よく分か...

詳しくはこちら

不動産取引における基本的な税金と優遇制度

[no_toc]不動産取引の取得(購入・新築)・保有・譲渡時に課される税金購入前に税の軽減措置の適用条件をしっかり確認しよう不動産という資産には、売買や相続時などさまざ...

詳しくはこちら

不動産取引の制限(建築基準法など)

[no_toc]不動産は建築基準法や都市計画法など多くの法律に規制される容積率・建ぺい率・高さ・日影・耐火性・用途などさまざまな制約好き勝手に建物を建ててしまうと、住宅...

詳しくはこちら

土地・部屋の貸し借りで重要な「借地権」と「借家権」

[no_toc]借地借家法は借主を強く保護。正しい理解がトラブルを防ぐ土地の貸し借りで発生する借地権は極めて強い権利地主から土地を借りて、その土地に自宅を建てる、賃...

詳しくはこちら