不動産は建築基準法や都市計画法など多くの法律に規制される

容積率・建ぺい率・高さ・日影・耐火性・用途などさまざまな制約

好き勝手に建物を建ててしまうと、住宅街の中に超高層ビルができたり、高さの揃わない建物が並び日当たりが極端に悪くなったり、密集させすぎると火災などの災害時に被害が大きくなってしまいます。

その為、国や地方自治体は日本の国土全体をどのような地域とするか、都市計画というものを定め、その中で市街化を進める地域には用途地域といって、建物などの用途を制限し、合理的で調和のとれた街づくりを促します。

鎖チェーン・規制制約制限・ブルー・鍵_s

また、好き勝手な建物が建たないように、容積率や高さなどに制限を設け、防火対策が必要な地域は守らなければならない最低限のルールを課しています。

購入予定の住環境や、土地の活用度合いをあらかじめ知る

このような不動産取引における法的な制約を知ることで、例えば購入予定のマイホームはどのような地域となるのか、住環境はどうかなども確認できます。

また、新築される方はもちろんのこと、新築されない方にとっても、将来中古住宅を売却することを考えれば、これら制限は大切になってきます。

買い手としてはその土地の活用度合い(どのような建物が建てられるか(制限を受けるか))という点を気にするからです。

それでは、不動産にはどういった制限が課されるのか、具体的にみていきましょう。

【都市計画】「都市計画区域」⇒「区域区分」⇒「地域地区」で国土を分割

国土は「都市計画区域」「都市計画区域外」「両区域外」の3つに分割マイホームなどの建物を建てる時、どこで何を建ててもいいわけではありません。きちんと国や地方自治体がどこを...

詳しくはこちら

【用途地域(市街化区域)】13種類に分類される。どんな建物が建てられる?

用途地域を知れば住環境や街づくりがわかる。内容変更も要チェック建物をどんどん建てていく区域である市街化区域には、必ず用途地域を定めます。用途地域には12種もあり、一つ一つの規制...

詳しくはこちら

【地域地区(用途地域以外)】容積率や高さを制限 or 緩和。防災・美観も

用途地域に加えて、制限または緩和する地域地区用途地域の1つである工業専用地域に割り当てられた地域には住宅は建てられず、また、第一種低層住居専用地域には大学や病院が建設できません...

詳しくはこちら

【建築協定】自分たちで街のルールを定める。将来にわたって適用

住民間の合意した制限が、将来の住民にも適用される建築基準法や都市計画法などによる制限(規制)は国が策定したルールです。一方で、住人が自分たちで街のルールを決めることがで...

詳しくはこちら

【道路】敷地は原則4m以上の道路に2m以上接する。2項道路はセットバック

敷地は道路に2m以上接道する義務がある建物を建てる場合には、原則として(自動車専用道路を除き)敷地が道路に2m以上接していなければなりません。建築基準法第43条 建...

詳しくはこちら

【土地の境界】境界確定は所有者全員の合意が原則。登記簿面積は意外と曖昧

土地の境界は曖昧なことが少なくない。建築が制限されることも土地の境界は、特に明治時代などには縄や歩幅で測ったといわれる地域もあるくらい、登記簿に記載されている地積(土地の面積)...

詳しくはこちら

【建ぺい率】用途地域に応じて建築面積が規制される。住宅なら60%で十分?

建物の大きさは建ぺい率・容積率で制限される土地を購入して建物を建てる際、土地ギリギリいっぱいにどんな高い住宅でも建てられるわけではありません。車の通行に支障をきたし、火...

詳しくはこちら

【容積率】用途地域と前面道路の幅員に応じて建物の延床面積が制限

容積率とは、建物の延床面積が土地面積の何%か容積率とは、「敷地面積に対する建物の延床面積の割合」のことです。例えば500㎡の敷地に7階建てのマンションがあり、各階の床面...

詳しくはこちら

【高さ・斜線制限】建物は高さや形状が規制される。絶対高さ・日影・斜線

防火や日影、通風を考えて高さや斜線が制限される建ぺい率や容積率で、建物の建築面積や延床面積を制限しますが、これらに加えて建物の高さや斜線などが制限されます。高い住宅は火...

詳しくはこちら

【日影規制】建物が他の敷地に作る日影の時間を、用途地域に応じて制限

日影規制は地上の日影を制限するもの日影(にちえい・ひかげ)規制とは、建物が周囲に及ぼす日影の影響を考慮し、一定の制限を課すものです(建築基準法上の規制)。用途地...

詳しくはこちら

【建築確認・完了検査】建築の前後で、建築基準法の適合性を確認・検査

建物を使うまでに「建築確認」「中間検査」「完了検査」が必要建物は建築基準法などさまざまな法令の基準を満たさなければなりません。そこで、これから建物を建てようとする場合に...

詳しくはこちら

【耐震基準】旧耐震・新耐震・2000年基準(木造)の違いと有効性

【耐震性の見分け方】建築年月日(築年数)ではなく「建築確認の申請日」耐震基準は、地震に対する住宅の安全を確保する基準であり、住環境の基本ともいえる指標です。これは、建築...

詳しくはこちら

耐震基準は守られていない?木造2階建てに抜け道?積極的に耐震診断を

耐震基準はあくまでも目安。新耐震でも倒壊、旧耐震でも頑丈な家もある耐震基準は大きく「旧耐震」「新耐震」に分かれ、木造住宅の場合には「2000年基準」も大きく耐震性を向上させる改...

詳しくはこちら