大家さんと揉めごと。ミトミさんが矢面にたって代わりに仲裁。法務局の手続きもすべてお願いして、心が穏やかになりました(T・T様)

今回、ミトミがお手伝いさせていただいたことはなんですか。
家賃の額について、更新契約時に大家さんと揉めに揉めてしまって。もともと管理会社さんはいたんですが、まあまあ…というだけで相談に乗ってくれない。大家さんとの関係もあるのだとは思いますけど。手に負えなくなってすべてミトミさんにアドバイスを求めました。結果的に大家さんと合意には至らず、法務局への供託という手続きで解決することになりましたが、もう話し合いの場に立たなくていいんだと思うだけで心が楽になりました。煩雑な手続きもすべて一括して引き受けてくださり、ありがとうございました。
まずは心労を癒してくださいね、お疲れさまでした。こういうトラブルは相続などで権利者が代替わりするタイミングで起こります。
私の場合もまさにそのケースです。前の大家さんの時はなんともなかったのですが、その大家さんが亡くなられ、息子さんに代替わりした途端これで…。金額がぜんぜん折り合わなかったんです。私の感覚ではあまりにも高い。家賃の相場水準を、不動産のプロであるミトミさんに算出いただきもしましたね。
はい。あれは私たちの目から見ても、大家さんが提示してきた額は相当高いものでした。その後、私たちが間に入った話し合いも平行線をたどり、最終的には法務局へ家賃を供託することになりました。
そうですね。大家さんが家賃を受け取らないからって家賃を払わないでいると、滞納とみなされ強制退去させられる恐れがあるということで、法務局という公的機関に一時的に預け入れる措置を実施しました。そういう法的なリスクがあることも、供託の方法もよくわかりませんでしたので、本当に助かりました。
まだ本件は解決には至っていないですが、今後ともなんなりとお声がけください。
面倒な揉めごとを引き受けてくださりありがとうございます。今後ともなにかあればまっさきにご相談させていただきます。

【大好評セミナーを開催中】失敗しない家の買い方を2時間でマスター!

加藤プロが徹底解説。この2時間で、マイホームの『買い方』が劇的に分かる

出席者様から高い評価を得ている無料セミナーを開催中!

「マイホームの買い方がわからない」「不動産屋に騙されたくない」「資産価値のある家を買いたい」…こういった方はぜひお早めにご予約ください(ご都合が悪い方はこちら)。





なぜ物件探しから始めると失敗するのか?
不動産屋が押し売りする最大の理由
ネットに物件情報を載せまくる本当の狙い
【実例】とんでもなく危険な契約…
マイホーム購入が成功する3つの条件とは?
資産価値のある家を買うシンプルな方法 etc...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA