どのぐらい必要?マンション購入時の諸費用について

今回は、マンションを購入時の諸費用についてご紹介いたします。

kato20141205-1

マンションを購入する際の資金について、月々の住宅ローンの支払いと、現在の家賃を大まかな目安とされる方が多いと思います。

でも、実際にはマンション購入にかかる費用は物件の価格だけではありません。資金計画を練る際には、こうした「諸費用」についてもしっかりと頭に入れておくことが大切です。

マンション購入時の諸費用にはどのようなものがあり、どの程度かかるものなのでしょうか。

諸費用にはどんなものがある?

kato20141205-2

諸費用とは、物件価格とは別にかかるさまざまな費用のことを言います。基本的に住宅ローンで借入できないため、現金で準備するのが一般的です。マンション購入時の主な諸費用には以下のようなものがあります。

売買契約に関する費用

・仲介手数料
・司法書士報酬

ローン利用に関する費用

・ローン保証料
・ローン手数料
・団体信用生命保険
・火災保険料・地震保険料

税金

・印紙税
・登録免許税
・不動産取得税

諸費用の目安は新築と中古で異なる

kato20141205-3

マンション購入の諸費用は、マンションの場所や面積、価格やローンや保険の種類などによって変わってきます。諸費用の目安としては、新築マンションの場合は物件価格の3~5%程度を想定するのが良いとされています。

中古の場合は物件価格の3%+6万円以内の仲介手数料がかかるため、さらに3%プラスして6~8%が目安となります。

ただしこれはあくまでも目安。資金計画を立てる際には自分の場合の諸費用をしっかりと計算に入れるのが大切です。

引っ越し代・入居後にかかる費用も忘れずに

kato20141205-4

最初にご紹介した契約時やローン利用にかかる費用、税金以外にも、引っ越し代や、家具や家電の購入費なども発生します。家具や家電は今使っているものをそのまま使うつもりでも、新居のスペースに合わせて買い替えや買い足しが必要になる場合が多いものです。

また電話の移設や転居の案内状用のはがきなど、こまごまとした費用がかかりますので、こうした入居後に必要となる諸費用のことも考えて余裕を持った資金計画を立てることをおすすめします。

いかがでしたでしょうか?マンションを購入時の諸費用について説明いたしました。参考にしてもらえれば嬉しいです。

【SelFin】AI(人工知能)が物件の価値とリスクを一瞬で判断!

こんなリスク情報、不動産屋さんも教えてくれなかった…

「不動産屋はいいことしか言わない…」「ネットの物件情報もいいことしか書いていない…」ならばAIを使ってこっそりチェック!(無料)

“買ってはいけない不動産”を誰でも簡単に判定できる「SelFin(セルフィン)」、無料で操作も簡単。これを使うことで分かることは…





価格は適正か(妥当性)
将来の売りやすさ(流動性)
住宅ローン減税の対象かどうか
地震に強い建物か(耐震性)
管理の状況(マンション)
土地の資産性(戸建て)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA