集合住宅だけど戸建感覚!「メゾネット」ってどんなもの?

今回は、メゾネットタイプの物件についてご紹介いたします。

kato20141120-1

物件情報などを見ていて、マンションの間取りに「メゾネット」タイプと書いてあるのを見かけたことはないでしょうか。メゾネットタイプの物件は数としてはそんなに多くはないのですが、新婚夫婦やファミリーを中心に人気があります。

ここではメゾネットの特徴と、メゾネットに住むことを検討している方に知っておいていただきたいメゾネットのメリット・デメリットなどについてお伝えします。

メゾネットってどんなもの?

kato20141120-2

一般的なマンションは一つの住戸が一フロアにあり、「フラットフロア」と呼ばれます。これに対して、マンションなどの一つの住戸が2階層以上に分かれているものを「メゾネット」と言います。

住戸内の各層は内階段で結ばれていて、集合住宅でありながら2階建ての一戸建て住宅のような構造となっているものです。部屋の一部が2層になっている間取りとして「ロフト」というものもありますが、ロフトは天井が低く建築基準法上、居室とは認められません。

メゾネットの場合は、上下フロアともに十分な天井高があり居室として数えられます。マンション一棟すべてがメゾネットという物件は少なく、最上階や角住戸など、一部の住戸のみメゾネットにすることが多いようです。

採光や通風の良さが魅力! メゾネットのメリット

kato20141120-3

メゾネットのメリットとして、天井が高く開放感があることや、2層にバルコニーがあるため採光や通風が良い点が挙げられます。小さなお子さんがいる場合などは、上のフロアで遊ばせれば、階下の入居者に騒音で迷惑をかける心配がないのも良いですね。

2層に分かれていることで、玄関のあるフロアにLDKを設け、玄関のないフロアに家族の個室を設けるというように、パブリック空間とプライベート空間を分けやすいという利点もあります。

 

有効面積はちょっと狭い? メゾネットのデメリット

kato20141120-4

メゾネットのデメリットとしては、内階段を設置するため、使える面積が狭くなってしまうことが挙げられます。あまり階段スペースを取らないようにと設計したために勾配が急になっている場合もあるようです。

また、上下階にトイレがないと不便なため、トイレを二つ設ける場合も多く、これによっても有効面積が減ってしまいます。掃除や洗濯の際には掃除機や洗濯物を持って階段を上下する必要があるなど、家事の動線が長くなりがちな部分もあります。

とは言え、こうした点は一般的なフラットフロアのマンションと比較してのデメリットであって、一戸建ての住宅なら当たり前なことであるとも言えます。メゾネットはフラットフロアのマンションより家賃や購入価格は高めのことが多いですが、一戸建てと比べると安い場合が多いと言えるでしょう。

新居の選択肢の一つとしてメゾネットを検討する場合は、上記で紹介したようなメリット、デメリットがあることを理解しておきましょう。

いかがでしたでしょうか。メゾネットの物件にメリットとデメリットについて今回はお伝えしました。新居選びの1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

【SelFin】AI(人工知能)が物件の価値とリスクを一瞬で判断!

こんなリスク情報、不動産屋さんも教えてくれなかった…

「不動産屋はいいことしか言わない…」「ネットの物件情報もいいことしか書いていない…」ならばAIを使ってこっそりチェック!(無料)

“買ってはいけない不動産”を誰でも簡単に判定できる「SelFin(セルフィン)」、無料で操作も簡単。これを使うことで分かることは…





価格は適正か(妥当性)
将来の売りやすさ(流動性)
住宅ローン減税の対象かどうか
地震に強い建物か(耐震性)
管理の状況(マンション)
土地の資産性(戸建て)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA