4長期優良住宅は、メンテナンスしながら世代を超えて使う高品質な家

良い家を点検・補修しながら長く使う住まい方を国が認定するもの

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」。

少子高齢化の流れを受け、住宅施策が「量(戸数)」から「質」、「フロー(壊しては新築)」から「ストック(既存住宅を長く使う)」へと変化する中で生まれた概念です。

品質の良い家とは何か、適切な住み方暮らし方をするために何に気を付ければよいのかということについてはさまざまな考え方があります。

それに対して具体的に国が基準を示し、その基準に合致する家を認定するという制度です。

「壊して新築」でなく中古を長く使う。マイホーム選びや暮らし方の指針に

日本は欧米に比べて住宅の寿命が短い、正確には取り壊す時期が早い実態があり、世代を超えて質の高い住宅を使うことを促す目的があります。

ポイントの一つは、住宅を建てて終わりではなく、その後定期的なメンテナンスと情報蓄積を行って、長期的に住宅の健康を考えていくことにあります。

ペンキ・女性・補修_s
ここでは、その背景や仕組みはもちろん、メリットデメリットの一般論、そしてそれらメリット・デメリットの本質はなにかということまで言及しています。

中古住宅を選ばれる方にとっても、今後のマイホーム選びや暮らし方の指針の一つとなりますので、納得する住宅選びの参考としてください。

 二酸化炭素排出を抑制しながら省エネ・健康的に過ごす家

断熱性能・省エネ性能に優れた住宅を国が認定するもの

一方で地球温暖化の流れを受け、低炭素社会の実現が急務となっています。

そんな中、国として低炭素化に資する建物を認定する制度が創設され、これを認定低炭素建築物と呼びます。

地球温暖化・省エネ・住宅家_s低炭素化はエネルギーを効率よく使うことで実現でき、住宅の場合には断熱性能を高め夏涼しく冬暖かい家を作ることが求められます。

ヒートショックなどを抑えられ健康面でもメリットがあることに加えて、エネルギーを効率よく使うことで省エネにもつながり金銭的なメリットも得られる住宅です。

家の取壊しの防止やヒートアイランド対策など二酸化炭素削減にも寄与

住宅の中身だけではなく、家を超寿命化することで家の取り壊しや新築をなるべく防ぐことができ、CO2削減につながります。

さらにヒートアイランド対策を講じるなど外に目を向け街全体で対策することで間接的な効果を生みます。

また、認定される住宅という意味では、長期優良住宅と似ています。実は、認定長期優良住宅の省エネ基準は断熱等性能等級4という基準で、これは低炭素建築物の基準の一つになっています。

このように総合的に二酸化炭素の削減を行うべく始まった低炭素住宅。その認定基準メリット・デメリット、そして長期優良住宅との違いも含めてみていきましょう。

【長期優良住宅の認定基準・申請方法】認定後の点検や情報管理まで必須

長期優良住宅が認定される基準は? 長期優良住宅とは、「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅」と定義されています。 ここでは新築のお話をしますが、...

詳しくはこちら

【長期優良住宅のメリット】居住費軽減や減税、フラット50など金銭面も優遇

長期優良住宅が推奨する暮らし方は住宅管理の王道。メリットも多数 長期優良住宅は住宅性能のみならず、建築後のメンテナンスや情報の蓄積が必要など、なんだかとても面倒に思えてしまいます...

詳しくはこちら

【長期優良住宅のデメリット】手間(時間)とコストがかかること?

建築着工までに時間と費用がかかる 長期優良住宅にはたくさんのメリットがありますが、一方でデメリットはあるのでしょうか。詳しくみていきましょう。 長期優良住宅基準の設計が必要 ...

詳しくはこちら

長期優良住宅のメリット・デメリットに目先の利益に振り回されない!

管理計画・住宅履歴は最適管理の土台。将来の担い手に安心感も 長期優良住宅の様々なメリットやデメリットを挙げました。 特にデメリットについて、正確にはデメリットというよりも「...

詳しくはこちら

【低炭素住宅の認定基準・申請方法】省エネやCO2削減に特化した優良住宅

低炭素建築物とは省エネの新基準を超える住宅 省エネルギーや二酸化炭素排出の抑制などを目的として、国としても市街化区域などにおいて住宅の低炭素化を推進させています。 2020...

詳しくはこちら

【低炭素住宅のメリット・デメリット】電気代・ガス代が安く健康面も向上

電気・ガス代が安くなる。身体や環境の負荷低減も 認定を受けた低炭素住宅は、断熱性能に優れ夏涼しく冬暖かい家であるといえます。 また、省エネ性能も確保され、エネルギーを効率的...

詳しくはこちら

省エネに特化した低炭素住宅と長期優良住宅の違いは?

背景・目的・法的根拠の違い それぞれ背景や目的には以下のような違いがあります。 長期優良住宅は日本国内問題への対策 長期優良住宅は、1世帯1住宅の確保を目標とした住宅建設計画...

詳しくはこちら