最近人気のリノベーション住宅。そのメリット・デメリットってなに?

最近はやりの「中古住宅×リノベーション」。賃貸マンションのリノベ物件も!

今回は、中古住宅のリノベーションについてご紹介したいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧ぴかぴか (新しい)

最近では「中古住宅×リノベーション」というスタイルが人気で、あえて中古住宅を選択する方も増えています。

前と比べて賃貸でもリノベーション物件がちらほら貸し出されるようになって、リノベーション物件を狙って探す人もいるくらい人気があるそうですよ!!(*´▽`*)グッド (上向き矢印)

そんなリノベーション住宅のメリットやデメリットについてお話しようと思います(´,,•ω•,,`)ひらめき

リノベーションとリフォームの違いってなに?リノベは、新しく刷新すること♪

最近ではよく耳にするようになりましたが、そもそも「リノベーション」という言葉の意味を知っていますか??(・∀・)ひらめき

老朽化した建物を新築時と同じような状態にする「リフォーム」と同じような意味だと思われる方も多いかもしれません( ゚,_ゝ゚)どんっ (衝撃)

たしかに、リノベーションには新しく綺麗な状態にするという面もありますが、それだけではないんですよ~ԅ( ˘ω˘ԅ)double exclamation

リノベーションとは、「建物が建てられた時の意図や目的などから見直して、ライフスタイルに合わせて建物の機能面や性能面でよくない状態を除き去って、全く新しくすること」を言うみたいです。

基本的に変えることができないスケルトン(骨組)部分以外のすべてに対して見直しを行い、間仕切りや配管を移動したり、必要に応じて構造補強を行ったりと、かなり大規模な工事になります。ヾ(゚д゚)ノ゙゙どんっ (衝撃)

とはいうものの、リノベーションの定義っていろいろあるみたいです。イメージとしては、リフォームよりもっと踏み込んだ改修工事ってことですかね(∩´∀`)∩

リノベーション住宅のメリットは、コスパの良さと選択肢の多さ!

・コストパフォーマンスの良さ

→同じような条件の新築住宅と比べかなり割安に購入することができる(∩´∀`)∩ぴかぴか (新しい)

・予算内での選択肢も新築と比べて多くなる

・ライフスタイルや家族構成、好みなどに合わせた個性的な住宅にすることができる

ただ、リノベに適した家とそうでない家というのがあります。

内覧の時に、床や天井、壁が二重構造になっているかどうかというのも一つのポイントです。詳しくは不動産の営業スタッフに聞いてみてくださいね。

中古を買ってリフォームするなら、内覧で「床・天井・壁」をチェック!

【デメリット】建物の耐震性などに問題がある場合には多額の費用がかかること

・建物自体の耐久性に不安がある場合
→リノベーションでは、建物の骨組み自体は活かすことになるため、古い物件の場合、現行の建築基準法の基準を満たさなくなっていることもあるためです。(>_<)台風

こうした場合、基準を満たすための耐震改修工事などに、別途でかなり費用がかかってしまうことが考えられます。(;´Д`)

リノベーション費用を住宅ローンに組み込んで安い金利で借りる!

一つ注意点として、購入「後」にリノベーションを行う場合、リノベーションの費用には一般の住宅ローンは利用できません。

住宅ローンのほかにリフォームローンを利用することになります!!(`・ω・´)ひらめき

リフォームローンは住宅ローンに比べ金利が高い傾向にあるため、資金計画が立てづらい場合があります。щ(´Д`щ)あせあせ (飛び散る汗)

購入「前」なら住宅ローンを組む時に一緒にお金を借りることができます(住宅ローンの金利で借りられます!(*´▽`*))

だから、リノベーションを前提として家を買う場合には、リノベにかかるお金も住宅ローンで借りられるように、必ず不動産屋さんに伝えてくださいね。

リノベを前提としたマイホーム購入であることをまず伝えておこう!

「中古住宅×リノベーション」を検討する場合上記のようなメリット・デメリットがあります。

それらを理解し、どのような住宅にしたいのかを明確にしたうえでリノベーションに取り組むことが成功のコツだと言えるでしょうね(*´ω`*)ひらめき

これから住居購入を検討されている方で、「こだわった間取り・自分たちに合ったおうちにしたい!!!(° ꈊ °)✧キラーン」なんてお考えの方は、この機会にリノベーションについて考えてみてはいかがでしょうか(´,,•ω•,,`)るんるん (音符)

そんな感じで、今回は新築住宅と中古住宅のリノベーションを比べてのメリット・デメリットについてちょこっとだけご紹介しました。₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

実際には、もっともっとチェックポイントがあります。中古物件×リノベを考えている方は、不動産屋さんに「リノベーションをしたいです」と初めに伝えておくとそのあとの話がスムーズですよ~!

以上!つっちーでした~~~(ง ´͈౪`͈)ว揺れるハート

【SelFin】AI(人工知能)が物件の価値とリスクを一瞬で判断!

こんなリスク情報、不動産屋さんも教えてくれなかった…

「不動産屋はいいことしか言わない…」「ネットの物件情報もいいことしか書いていない…」ならばAIを使ってこっそりチェック!(無料)

“買ってはいけない不動産”を誰でも簡単に判定できる「SelFin(セルフィン)」、無料で操作も簡単。これを使うことで分かることは…





価格は適正か(妥当性)
将来の売りやすさ(流動性)
住宅ローン減税の対象かどうか
地震に強い建物か(耐震性)
管理の状況(マンション)
土地の資産性(戸建て)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA