一戸建て住宅とマンション。子育てにはどっちが向いてる?

今回は、子育てにはどちらが向いているでしょうか。マンションと戸建てについて紹介します。

kato20150209-1今回は、子育てにはどちらが向いているでしょうか。マンションと戸建てについて紹介します。

結婚して子供が生まれ、新しい住まいを考える時に、マンションにしようか一戸建てにしようか悩むご夫婦は大変多いと思います。家は決して安価で買えるものではありませんし、家の購入は人生においてもそう何度も経験しない大事です。

生まれてくる子供のためにも、住みよい安住の地を手に入れたいというのは、とても切実な思いでしょう。今回はマンションか一戸建てかを考えるにあたって、子育てにどういった影響があるかを焦点に解説したいと思います。

子育てを考える上で外せない「子供部屋」

kato20150209-2

マンションか一戸建てかという問題もありますが、将来的に子供に個室を与える事ができるかどうかも大きなポイントになるでしょう。

子供を最終的に何人授かるかにもよりますが、子供に完全な個室を与える事ができるかどうかは、その子の成長環境に大きく関わってくる問題です。

以下は子供部屋を与えるか与えないかによって影響が出るポイントです。
・一人で規則正しく寝起きできるか
・身支度はできるか
・自分で部屋の掃除や整理整頓はできるか

生活の基本的な習慣は、個室があるかどうかでかなり大きく左右されるそうです。

子供部屋を与えない場合のデメリット

もし将来的に個室を与える事ができない住宅環境であれば当然寝起きは両親と一緒にすることになります。寝具の収納や部屋の掃除なども親と一緒になるわけですから、必然的に親が行う事がほとんどになってしまうでしょう。

現在では幼稚園や保育園でも年長になると、一泊程度のお泊り保育が実地されることが多いそうです。この場合にあまりにも身の回りの事が出来ない子供がいると、保育園側は自治体を通してその子供の家族に指導を行う向きもあるようです。

以上の点から住まいを選ぶ際の目安として、子供に将来的に個室を与える事が出来る間取りかどうかを検討してみる事をオススメします。予算によりますが、中古マンションなどが比較的子供部屋を用意しやすいと言えるでしょう。

子育てにはつきものの騒音問題

kato20150209-3実はマンションのような集合住宅には騒音の問題があります。
マンションのような集合住宅で決して軽視できないのが、隣近所の騒音問題です。もちろんマンションの壁も遮音性は考慮されていますが、一戸建ての騒音事情とは異なります。

一戸建ての場合は隣家と壁を共有することはありませんが、マンションでは左右の他にも下の階への騒音も考える必要があります。マンションに住んでいる以上、隣同士の騒音を完全にカットするのは難しいものです。

そして小さな子供が住んでいる家はとにかく賑やかになってしまいます。特に0歳~2歳くらいまでの子供は夜泣きもありますし、そういった事を聞き分けさせるわけにもいきません。また、少し大きくなってもドタバタと動くようになるため、近隣住民からの苦情がくる可能性もあります。

予算が許すのであれば一戸建て

kato20150209-4

子供部屋を用意した上で一戸建てを建てるのであれば、一戸建てが有利と言えます。一方で予算的に難しいのであれば、いずれ引っ越すことも視野に入れつつマンションを選ぶのが良いと言えそうです。

子育てには、マンションと戸建てでもこのような特徴があります。これから、戸建てにしようか、マンションにしようか悩んでいる方参考にしてもらえれば嬉しいです。

今だけ限定公開中!【電子書籍】が無料ダウンロードできる!

これが知りたかった…「買ってはいけない不動産 行ってはいけない不動産屋」

これまで誰も言ってこなかった、不動産業界の裏側を大公開しています。

マイホームの買い方がわからない、不動産屋に騙されたくない、なぜ押し売りしてくるのか本当のところを知りたい…こういった方にはピッタリの内容です。これを読むことであなたは…



行ってはいけない不動産屋が見分けられるようになります
なぜ不動産会社が押し売りしてくるか分かります。押し売りが怖くなくなります
買ってはいけない物件がわかります
物件情報や過去の取引情報などが、どこに行けば効率よく入手できるかわかります
安心してマイホームの取引ができるようになります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA