希望通りの住宅を購入する方法と気を付けるべきポイント

マイホーム購入の基本的な流れ。後悔しないよう事前準備

マイホームを買おうと思い立った時から、引き渡す時までの流れやコツなどをお伝えします。

マイホーム探しの初めにまずやっておく大切なことは?借入可能額と支払可能額の違いって?返済比率の目安は?ローンの事前審査を早くすることでどんなメリットがあるの?いい不動産屋、いい物件の見つけ方は?購入申込みや契約、決済で特に気をつけることは?

my-own-home_2_s

このような疑問をお持ちの方にしっかりお答えします。ほとんどの方にとって、マイホーム購入は大きなお金が動くもの。充分に理解した上で、ステキなお住いをワクワク楽しくつかみとりましょう!

尚、ここでは一般的な買い方の流れや気を付けるべきポイントやコツをご説明し、資産価値にこだわるマイホームの買い方についてまでは踏み込みません。

購入まで「事前準備」「不動産(屋)選び」「契約・決済」の3ステップ

ここではまず大雑把に流れを抑えてください。ふ~ん、こんな感じなのねという感覚で充分です。

【ポイント1】資金について考える

後悔しないマイホーム購入の決め手はなんといっても資金です。「月々の住宅ローン支払いが苦しい…」とならいよう現実的な目線で検討することが大切です。

充分な知識と検討を行い、早めに「ローン事前審査」を済ませることで、現実的な資金計画が組め、物件選びもスムースになります。

【ポイント2】マイホーム選びのコツを知る

物件選びで大切なことは100%を追い求めないことです。すべてにおいて完璧な物件はこの世に存在しません。こんなはずじゃなかった…ということにならないよう自分の軸をブラさないことが大切です。

また、賃貸物件と異なりマイホームはあなたが所有する資産です。資産価値を度外視しては長い目でみて不幸な取引となってしまいます。

【ポイント3】購入申込み(条件交渉)をする

価格などの条件を売主と交渉するのは購入申し込みの時です。また、交渉は不動産会社が売主(または売主側の不動産会社)と行います。まずは不動産会社と良好な関係を築いていたいですね。

また、実際に購入申込みをしてから、不動産売買契約を締結するまでは一週間ほどしかありません。焦って契約しないためにも事前に流れや気を付けるポイントを理解しておきましょう。

物件紹介をご希望の方は「ご希望条件のご登録」からご登録ください。お客様の想いを詳しくお伝えくださいますと、より具体的なご提案ができます。

【事前準備】物件探しの前に目的を確認。自分基準を作る

マイホームを買う目的を明確にしないと家の見た目で騙される?!賃貸物件の場合と同様、マイホーム購入においても、「なぜ家が欲しいのか」「誰のためか」などをしっかりと初めに思い描くこ...

詳しくはこちら

住宅ローンの額は家を買った後の生活から逆算。諸費用と事前審査も忘れずに

住宅ローンの借入額は「月々いくら払えるか」から算出する具体的に物件探しを行う前に、まずは資金について理解しておくことが必要です。住宅ローンをいくら借りられるかは、あなた...

詳しくはこちら

不動産会社はこう選ぶ。資産価値も重視する担当者をおすすめ

不動産の前に不動産屋。あなたに合う営業担当を見つける「不動産会社って怪しい」、おそらく少なからずこのようなイメージをお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。今後の...

詳しくはこちら

マイホームの選び方と内覧時のチェックポイント。見た目に騙されない

いつでも売れる資産価値の高いマイホームが大前提賃貸物件と異なり、マイホームは自分自身で所有する資産です。いつでも売れたり貸せたりする物件を購入できれば、毎月の住宅ローン...

詳しくはこちら

マンションの修繕積立金の妥当性をSelFinで確認!将来の値上がりリスクも

「長期修繕計画」は共用部分の劣化を回復。資産価値の維持・向上にも直結マンションの快適な住環境を守るためには、経年劣化に対してタイミングよく適切な補修や修繕、改修(設備取り換え含...

詳しくはこちら

条件交渉は買付申し込みの時。重要事項説明の後に契約・決済・引き渡し

購入申込みは「買いたい」という意思表示に過ぎない。契約ではない!しっかりと検討した後、「この家がいい!」と心を決めたら、まず行うことは購入希望価格や希望引渡日など希望条件を記載...

詳しくはこちら

インスペクション(建物状況調査)によって、中古物件を安心して取引できる

住み継ぐライフスタイルの実現へ向け、国は既存住宅の流通を拡大を推進既存住宅(中古住宅)の流通は、欧米諸国の約70~90%に対して、日本は約15%程度と極めて低い水準に留まります...

詳しくはこちら

インスペクション(建物状況調査)は家の性能を検査しない?注意点とは

インスペクションをしなくてもよい。瑕疵がないことも保証しない2018年4月から本格化する改正宅建業法は「インスペクション」(建物状況調査)の活用が促される法改正となっていますが...

詳しくはこちら

指値(値下げ)は根拠ある条件提示を!大幅値下げは他決リスクも

指値交渉は不動産取引では当たり前。正しい価格を探り当てるプロセス不動産取引において、(特に中古物件は)買主が価格の値下げ交渉をする「指値交渉」は一般的によく行われていることです...

詳しくはこちら

信頼できるリフォーム会社の選び方。希望や工事内容で使い分ける

資産価値の維持・向上に不可欠なリフォーム。選ぶ5つの視点中古住宅をメンテナンスすることは、安心・安全な暮らしのみならず、修繕は資産価値の維持・向上にも不可欠です。国や公...

詳しくはこちら