多くの選択肢からあなたにピッタリな不動産の活用法を選ぶ

不動産事業は始めの検討が大切。ポイントをしっかり理解する

「築年数が古い家屋が建っているけど、取り壊して土地をうまく活用したい」「相続した土地をそのまま放置しているけどどのような活用法があるんだろうか」など、土地をどう生かすかは今後の資産形成にも大きく影響してくる大切なことです。

apple-to-apple_sどのような土地活用の方法があるのか、どうやって選べばいいのか、注意点は何かなど、土地や建物を活用するにはさまざまな知識・知恵が欠かせません。活用法にも、自分で土地を使うのか、他人に貸すのかなど誰が主体的に運用するかも異なります。

土地活用の種類説明
自分で使う賃貸住宅で運用アパート・マンション・ビル・戸建て
医療福祉施設・自宅・賃貸併用住宅など
モノ用の建物で運用駐車場・駐輪場倉庫・資材置き場
自動販売機・太陽光発電など
他人に貸す土地を賃貸貸地(借地権者によってその用途はさまざま)
手放す売却(処分)分筆して一部売却・残りを活用することも可
等価交換「建物を建設」×「売却」の合わせ技

なかなか一度には消化しきれいないかもしれませんが、不動産事業は一般的に長期的にあなたの資産形成に影響を及ぼし、また、事業着手前の段階で検討することも多いものです。さらに、途中でやめることも難しい場合があります。

ゆっくりで構いませんので、一つ一つポイントを理解して、最適な資産形成をしていきましょう。

【土地活用法の比較】リスク・収益性を検討して運用方法を決定

土地活用の方法は大きく5つ。売却も一つの活用法土地の活用法は大きく分けて、5つあります。「自分で運用する」場合が2つ、「他人に運用してもらう」場合が1つ、「運用しない」場合が1...

詳しくはこちら

【土地活用】①賃貸住宅:アパート・マンションはリスク高いが収益性が良い

不動産投資のノウハウを知り健全に賃貸アパマン経営を不動産活用といえば一般的に、土地にマンションなど収益物件を建てて運用(経営)することです。すでに建物が建っているものを...

詳しくはこちら

【土地活用】②駐車場:ローリスクな事業。狭小地の利用や用途変更も容易

賃貸マンションほどリスクを取らず、手軽に始められる土地活用法土地の活用において、賃貸アパート・マンションで運用するにはコストやリスクが高い特徴があります。例えば、多額の...

詳しくはこちら

【土地活用】③レンタル収納(倉庫):ローリスクで手間が少なく一室でも可

人ではなくモノに対して場所を貸し出す倉庫経営賃貸住宅以外のモノ用の設備や建物を設置して運用する方法に、倉庫という手段があります。季節を通じて短期間しか使わないスキー用品...

詳しくはこちら

【土地活用】④太陽光発電:固定価格買取制度が鍵。田舎の土地にもチャンス

発電した電力を電力会社に売却して収益を上げる太陽光発電は、太陽光パネルに太陽光を当てることで発電し、それを電力会社に売って利益を得る事業です。更地に太陽光パネルを敷き詰...

詳しくはこちら

【土地活用】⑤土地の賃貸:土地を貸して長く地代を得る。借地権に注意!

地主は薄く長く回収する地代収入のみ。土地の借主に事業を丸投げ土地を人に貸して、借地権者(土地の借主)がその土地に自宅や賃貸アパートなどを建てて土地を活用する場合を考えます。...

詳しくはこちら

【土地活用】⑥不動産売却:査定価格に騙されない!譲渡所得税支払いも注意

不動産売却による資産の現金化で資産運用の幅が広がる土地を活用することを考える場合、売却して現金化し他の運用などに回すことも合理的な方法です。売却するということは、土地と...

詳しくはこちら

【土地活用】⑦等価交換:土地と新築マンションを交換。地主同士の合意が鍵

等価交換は土地とマンションの住戸を交換する取引等価交換とは、地主(土地所有者)が自分の土地を差し出す代わりに、建築業者がその上にマンションを建てるものです。そして、建築...

詳しくはこちら

【等価交換の活用法】賃貸経営や相続時も有効。立体買換えの特例は慎重に

自己資金の負担が少なく、権利関係の調整など活用法に幅広さがある等価交換は自分の土地を自己資金の負担なくマンションの住戸に変換できることにその特徴があります。また、複雑な...

詳しくはこちら