マンション購入時の手付金の役割とは?

マンションを購入時の手付金について今回は紹介します。

kato20150219_1

マイホームを持つことは、誰しも一度は考えることではないでしょうか。でも、一戸建て住宅では、土地と住宅の購入ということになるので、その金額は、なかなか手がとどかない物も本当に多いですね。もちろん、ちょっと田舎に行けば、土地の値段もお手頃で、一戸建ても夢ではなくなります。

しかし、そのような土地の価格の安いとろこというのは、何らかの条件が悪いということもよくあることでしょう。例えば、駅が遠い、学校が遠い、会社に行くのに時間がかかる、お店が無いなどです。他にも土地が、緩いということもあります。

その点、マンションは、ある程度便利な場所に立っています。マンションブームもあり、自分の好きな住みたい地域のマンションを探すこともできます。そして、何よりも、手の届きやすい価格で分譲されているということでしょう。新築のマンションでなければ、金額は更にお得な価格になります。

マンションでかかるお金は?

kato20150219_2

マンションには、住宅ローンを組んだ場合に、毎月の返済額と共に、管理費、修繕費が必要になります。その他、マンションによっては駐車場代が必要です。

これらをずっと払うことになるのですが、一戸建てても、外壁塗装や水回りの修繕、家によっては、屋根瓦の吹き替えなども必要であって、案外修繕にはお金がかかり、負担になります。

その点、マンションでは、修繕を積み立てているし、外壁といっても、自己の負担は少ないものといえます。

申込金と手付金

kato20150219_3

新築マンションでも中古マンションでも、内見会をしており、気に入った物件をキープしたければ申込金というお金を払って購入意思を表明することがあります。これは、優先順位を決める意味合いもありますが、申し込みを破棄すれば、返却されるお金です。

それに対して、手付金は、手付金を支払うことで、契約が成立して、そこから、キャンセルをすると解約のペナルティとして、解約金を支払うことになってしまいます。もちろん、契約をすると、その手付金は、頭金として入れることができるのです。

手付金の役割

kato20150219_4

人気の小学校区などで、子供の小学校入学前に、マンションを求めているファミリーは多いです。

退職後に一戸建てを処分して、生活しやすいマンションを求めているシニア夫婦も多いです。このように、マンションを求めている人は案外多いのです。

そして、一つ一つの部屋が、たった一つしかない物件なのです。人気の物件は、建築が完成しないまでに、完売御礼になってしまうこともあります。中古物件でも、求めている人は、見比べているので、購入の希望にあった条件の物件に出会うと、契約も早いです。

いいなと思っても、すぐに他の人が契約をしてしまうということがよくあることなのです。「検討中の間に売れていた」ということはよくあります。そのためにも、良いなという物件があれば、契約として、手付金を払うと、あなたとの間に正式に売買される契約が成立したという意味合いが強くなります。

マンション購入時の手付金についてお分かりになりましたでしょうか?今回は購入時の手付金について紹介しました。

今だけ限定公開中!【電子書籍】が無料ダウンロードできる!

これが知りたかった…「買ってはいけない不動産 行ってはいけない不動産屋」

これまで誰も言ってこなかった、不動産業界の裏側を大公開しています。

マイホームの買い方がわからない、不動産屋に騙されたくない、なぜ押し売りしてくるのか本当のところを知りたい…こういった方にはピッタリの内容です。これを読むことであなたは…



行ってはいけない不動産屋が見分けられるようになります
なぜ不動産会社が押し売りしてくるか分かります。押し売りが怖くなくなります
買ってはいけない物件がわかります
物件情報や過去の取引情報などが、どこに行けば効率よく入手できるかわかります
安心してマイホームの取引ができるようになります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA