キッチンのレイアウトで作業効率が大違い!スペースや暮らし方とも相談

主要なキッチンレイアウト5種

毎日使うキッチン、そのレイアウトも好みに合わせて多種多様な種類があります。自分にぴったりなキッチンを選びましょう。

キッチン2

I型キッチン

シンク、調理台、コンロなどを一列に配置したシンプルなキッチンです。2人で使う場合などに使いやすいですが、あまり長くなると作業動線が長くなってしまいます。どちらかというと、コンパクトなキッチン向きといえるでしょう。

L型キッチン

シンク、調理台、コンロなどをL字型に配置したキッチンです。作業スペースが広くなり、動線も短くなりますが、コーナー部分がデッドスペースになりやすい面も。I型よりも設置スペースが必要なため、広い間取りが確保できる方向きといえるでしょう。

II型キッチン

シンク、調理台、コンロなどを向い合せの二列に配置したキッチンです。中央に立って振り返るだけで良いため、移動距離が短くなり効率的に調理できます。ただし、振り返って作業することが苦手な方は避けた方がいいでしょう。モノを落とすなど事故も少なからず起きやすい配置ともいえます。

U型キッチン

シンク、調理台、コンロなどをU字型(コの字型)に配置したキッチンです。作業動線が短く、キャビネットなどを組み合わせることで収納力が上がりますが、L型と同様、コーナー部分を活用しづらいという面があります。作業効率は極めて高く、プロ仕様といえるかもしれません。

アイランド型キッチン

シンク、調理台、コンロなどの一部もしくはすべてを、中央に島のように独立させて配置したキッチンです。一度に数人で使用できるので、ホームパーティーなど大勢で調理作業する機会が多いご家庭に適しています。設置には広いスペースが必要となります。

通路幅とキッチン高さの目安

キッチンの通路幅は、1人で利用する場合は「90cm程度」(2人の場合は120cm程度)確保しましょう。人によっては80cmの方が効率的だという方もいらっしゃいます。

キッチンまた、キッチンの高さは「身長÷2+2.5~5cm」が標準的な高さと言われています。例えば160cmの方ですと、82.5~85cm程度です。

同じキッチンでも、シンクの高さは(洗い物時にかがむ姿勢となるため)高めの方が腰への負担が和らぎますし、逆にコンロの高さは(鍋などの上から作業することになるため)少し低めの方がよいと考えられます。場所によって最適な高さも変わるため、どこを重視するかも考えたいですね。

必ずショールームへ!

以上は”一般的な”説明であくまで目安です。ショールームへ行って実際のキッチンを体験することを強くおすすめします。

キッチン内のレイアウトや寸法は、作業効率にも大きく影響を与えることに加えて、好みも分かれます。毎日使います。

キッチンの広さやホームパーティの頻度など暮らし方まで考慮に入れ、ショールームへ足を運んで楽しく決めていきましょう。

【大好評セミナーを開催中】失敗しない家の買い方を2時間でマスター!

加藤プロが徹底解説。この2時間で、マイホームの『買い方』が劇的に分かる

出席者様から高い評価を得ている無料セミナーを開催中!

「マイホームの買い方がわからない」「不動産屋に騙されたくない」「資産価値のある家を買いたい」…こういった方はぜひお早めにご予約ください(ご都合が悪い方はこちら)。





なぜ物件探しから始めると失敗するのか?
不動産屋が押し売りする最大の理由
ネットに物件情報を載せまくる本当の狙い
【実例】とんでもなく危険な契約…
マイホーム購入が成功する3つの条件とは?
資産価値のある家を買うシンプルな方法 etc...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA