不動産の繁忙期はいつ?時期別アドバイス(賃貸編)

「不動産ってどの時期に行くのが一番いいの?」

はい西野です!僕は友達からよくこんな質問を受けます。

実際に不動産屋にも繁忙期と閑散期がありますし、状況が変われば当然お客様への影響も出てきます。では、皆様が引っ越しする時期はどんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

でも、引っ越しの時期を選べるわけじゃないし・・・。全くその通りです。

という訳で、「この時期に行くなら知っておきたい」ワンポイントアドバイスも教えちゃいます!

動き出すのは引っ越しの一カ月前がベスト

まず初めに、「引っ越し予定時期=お部屋探しの時期」ではありません!

通常、物件が決まって申し込みしてから契約まで1週間~10日かかります。その前に物件選ぶ期間を見ると、お引っ越し予定日の1カ月前に動き出すと安心でしょう。

be2edb9f62264e37eb0048024992b8db_s

逆に早すぎてもいけません。オーナー(大家さん)は契約から入居開始日まで時間があくことをあまり好みません。

なぜなら、空白の月の家賃を回収できなくなるわけですので、すぐに入居してくれる人がいればそちらを優先してしまうでしょう。ですので、一カ月前がベストでしょう。

【1月~3月】物件は早い者勝ち!思い立ったらすぐ行動に移そう

この時期は、言わずと知れた繁忙期です。4月から新しい生活が始まる学生さんやサラリーマンの方が多く、特に2月と3月バタバタしている不動産屋が多いように感じます。

もしお客様がこの時期にお部屋探しをする事になったら、先伸ばしにせずすぐに行動に移しましょう。物件を探している人が多いという事は、物件の争奪戦という事です。自分が「いいな」と思った物件には、他にも「いいな」と思っている人は何人もいます。

54019cb3b0484c10fe26ced81931d04f_s春からの入居を希望する人が多い一方で、退去する人も多くいらっしゃいます。

つまり、非常に入れ替わりが激しい時期です。この事がお客様に与える影響として、バタバタしている事で、一人一人に割ける時間が少ないため十分な交渉ができない場合があります。

悪い不動産屋にあたってしまうと、細かい所までチェックせずに事務作業的な契約手続きが行われてしまうことも珍しくありません。ご自身でもしっかり確認して、分からないことがあれば遠慮なく聞きましょう。

【4月~8月】物件は出尽くした。じっくりと家賃交渉すべし!

繁忙期が終わり、「物件が出尽くしたって提案できるものがあまりない!」というのがこの時期。

特に5月6月は来店されるお客様も少なく、一人一人のお客様にじっくり時間をかけられるメリットに対して、2月3月の争奪戦の結果、物件があまり残っていないというデメリットも、、

握手_s

一方オーナーさんの立ち場から見ると、この時期に探しているお客様は少ない=自分の所有する物件も埋まりにくい。ということになりますので、「少しくらい家賃を下げても入居してもらいたい!」というのが本音です。

もちろん物件・オーナー様によって千差万別ですが、だめでもともと。どんどん家賃交渉してみましょう。

【9月~12月】西野が選ぶならココ!心地よく内見できます

もしも、西野が選ぶとしたらこの時期ですね。理由は2つ。1つは「そこまで忙しくもなく、物件情報も豊富である」、2つ目は「暑くも寒くもない」、3つ目は「タイミングによっては家賃交渉しやすい」ということです。

個人的には2つ目が重要です。本当です。真夏の内見案内は、予想以上に体力消費が激しく、お客様も疲れてしまいます。「もう探すのが嫌になっちゃった、これでいっか」と投げやりな判断となってあとあと後悔することにも…。

暑い・疲れた男性1_s家賃交渉という意味では、11月がベストタイミングかもしれません。

10月は年度後半の開始月でもあり、その前の月である9月から物件が動く傾向にあります。9月で入居者を確保できなければ、11月に向けてオーナーも家賃を下げ始めたり、交渉に応じやすくなる傾向にあります。

そして12月になれば、1~3月のお部屋探しのピーク時期が見え始めるため、だんだん交渉に強気になり家賃も高めに設定されやすい時期となるためです。

自分で時期は選べない。時期によって柔軟な対応をしてくれる業者を選ぼう

「どの時期にいけばいいの?」という質問よく分かります。しかし、引越しの時期を自分で選ぶことはできないことも少なくないとも思います。

会社や学校等自分の周りの事情で引越しをせざるを得ない場合がほとんどでしょう。しかし大事なのは、どの時期であってもベストなお部屋探しをすることです。

パン・紅茶・女性_s

一つ注意点として、大学も一部で9月入学を採用する動きがあったり、社会人も通年で人事異動が起こったりと、人の動き方も変わってきています。あくまで一般論として受け止めてください。

もちろん、不動産屋はどのシーズンも経験していますし最近の流行を機敏に察知しています。

「不動産探しの前に不動産”屋”探し」、お客様は自分にとってベストな不動産屋を選ぶことが、素敵なお部屋と出会う近道です!

【SelFin】AI(人工知能)が物件の価値とリスクを一瞬で判断!

こんなリスク情報、不動産屋さんも教えてくれなかった…

「不動産屋はいいことしか言わない…」「ネットの物件情報もいいことしか書いていない…」ならばAIを使ってこっそりチェック!(無料)

“買ってはいけない不動産”を誰でも簡単に判定できる「SelFin(セルフィン)」、無料で操作も簡単。これを使うことで分かることは…





価格は適正か(妥当性)
将来の売りやすさ(流動性)
住宅ローン減税の対象かどうか
地震に強い建物か(耐震性)
管理の状況(マンション)
土地の資産性(戸建て)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA