SUUMOに載ってる不動産会社に連絡しなくていいの?物件より大事な業者選び

どの不動産屋も同じ物件情報を持っている。業者専用のデータベースで共有

どの不動産会社も、ほとんどの物件情報を共有しています。どの不動産屋にいっても、あなたの気になる物件を取引できます。

大手も中小も、北海道から沖縄まで不動産会社専用の物件データベースである「レインズ」(REINS:Real Estate Information NetWork Systems)で繋がっているからです。

 

 

一部「非公開物件」といって、特定の不動産屋しか持っていない物件情報もありますが、その割合はごく一部です。さらに、非公開であることと物件の質がよいかどうかは関係ありません。

物件情報を紹介することそのものは、どの不動産屋でもできます。ほぼ同じ量の物件情報を持っているのです。

ということは、あなたが「話しやすいな」「信頼できるな」「心地いいな」と感じる不動産屋を選べばいいのです。というよりも、あなたは不動産屋を選ぶ権利をしっかりと行使しなければならないのです。

ミトミでは、不動産業者(プロ)と同じ物件データベースをお客様にも無料公開しています。

【REINS】プロの業者と同じ物件情報をみる!成約価格など過去の取引情報も

全国のほぼすべての売り物件の情報がご覧になれ、成約価格など過去の取引情報も把握できます。

ぜひ納得のマイホーム購入のためにもご利用ください。

REINSは不動産会社版のSUUMOみたいなもの。同じ物件をどの業者も紹介できる

REINSは、不動産会社版のSUUMOみたいなものです。不動産会社同士が物件情報を共有するために使う物件データベースです。

例えば、売主さんから「自宅を売ってくれ」と売却を依頼された不動産会社A社(売主側の仲介会社“元付業者”)がいます。この預かった物件をREINSに登録するのです。

そうすると、REINSに新着登録物件として全国の不動産会社(買主側の仲介業者“客付業者”)にこの物件が認識されます。この時点で、どの不動産会社もこの売主さんの物件を紹介・取引することができるようになります。

 

 

元付業者(A社)も客付業者(その他大勢の不動産会社)も、いずれも物件情報サイトに載せたりチラシを配布したりして買主さんを見つけるように動くのです。

多くの不動産会社は、このREINSの登録物件を毎日のようにチェックしています。

その物件をSUUMOやHOME’Sなどのインターネットの物件情報サイトに転載しているのです。だから同じ物件なのに、違う不動産会社の名前で物件が載せられているのをよく見かけるのですね。

買主の不動産屋も売りたいと思っている。契約させて仲介手数料を稼ぎたい

さて売主側の「元付仲介業者」と呼ばれる不動産会社は売主の利益のために動きますので、「良い条件で売りたい」と考えます。

しかし、買主側の「客付け仲介業者」といわれる、あなたが直接話をする不動産会社も「売りたい」と思っています。売主のために働くのです。

契約が成立しなければ報酬(仲介手数料)がゼロです。他社で契約されても報酬がありません。ということは、ネガティブな情報を隠していいことばかり伝えて無理やり契約に持ち込もうとするかもしれないのです。

 

 

だからこそ、REINSに載っている物件情報を(個人の顧客が直接見ることができる)SUUMOなどの物件情報サイトに転載して、「物件で釣る」営業手法がよく行われます。

物件はなんでもいいから、とにかく自社で契約してほしいと心の底では思っています。買主一人に売り圧力がかかります。買主の味方は自分だけかもしれないのです。

だからこそ、不動産の前に不動産「屋」、不動産会社選びがとても大切なのです。

物件情報「以外」を教える不動産業者を選ぶ。どの物件でもリスクはある

図面の載った物件情報は巷にあふれています。

「間取りは3LDKですね、設備は最新ですね。キッチンは素敵ですね」などとその広告図面をみながら、それ以外に知恵を出さない不動産会社は危険です。

どの物件にも必ずリスクはあります。「地震が来ても大丈夫か?洪水が起きたらどれくらいの被害が予想されるのか」「この物件は30年後に本当に売れるのか」など目に見えない情報を積極的に提示する会社が安心です。

また、マイホームを購入される際にはほとんどの方が住宅ローンを組みます。それは、手持ち資金では購入できない大きな買い物であることを意味します。

ローン返済額が家計に及ぼす影響や、いくらまで借りてよいか(いくら借りられるかではありません)を知るためにファイナンシャルプランを立てて、将来のおカネの流れを確認することもとても大切です。

その他にも、以下に不動産エージェントを選ぶ際のチェックポイント表を一例としてあげています。不動産会社選びの参考にしてください。

 メリット・リスクチェック項目(例)
メリット情報
(正しい知識)
リスク情報
(丁寧な説明)

信頼できる業者を先に探す!SUUMOに掲載の不動産屋に問合せなくていい

今や、SUUMOやHOME’S、at homeなどなどポータルサイトが充実しています。まずはお客様自身でも気になる物件を探したり、相場観を養ってください。

そして気になる物件があれば、それを掲載している不動産会社に連絡するのではありません。あなたが安心できる不動産屋さんに「SUUMOに載ってたこの物件、注意点ありますか?」と聞けばいいのです。

SUUMOに載せてある不動産会社でなくとも、なんら問題なく契約はできるのです。

しっかりと不動産のプロとして、「買ってもいい物件か?」を買主側の立場で、買主に寄り添って検証してくれる会社を先に確保しておきましょう。物件探しの“前”に不動産会社探しなのです。

物件リスクのチェックを一人でしたいなら、AIが自動判定する無料アプリ「SelFin」

「不動産屋を選ぶといっても、全然わからない…」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、誰にも聞かず自分一人でこっそり物件の価値やリスクをチェックできる「SelFin」(セルフィン)がおすすめです。AI(人工知能)が一瞬で判断するもので、とても便利なアプリです。

具体的には、不動産価格の妥当性や、将来の売りやすさ(流動性)、耐震性、住宅ローン控除が受けられるかどうか、管理状況(マンション)、土地の資産性(戸建て)を調べます。

しかも無料で使い方も簡単!「不動産屋がいいことしか言ってくれない…」という不安があればぜひ使ってみてくださいね!

【P.S.】中古マンションを本格調査するなら【検証レポート】がおすすめ

もし中古マンションの購入をご検討中の場合には【検証レポート】がおすすめです。

気になるマンションをオリジナルの独自レポートにまとめてお届けする優れものです。

価格の妥当性や将来の売りやすさ、街(エリア)の利便性や将来性etc…を不動産のプロが徹底検証します。

ネットで完結しますので、家に居ながらにしてレポートを受け取れます。「購入申込書を出そうか迷って急いでいる…」という場合も最短即日対応。

「買ってもいいマンションなの?」とご不安な方は、ぜひ検証レポートページをご参照ください!

「このマンションでいいかな…」なんとなく買おうとしている方へ

【検証レポート】気になるマンションをオーダーメイドで徹底検証!

そのマンション、そのまま買いますか?リスクを詳しく調べますか?





オーダーメイドでプロが独自分析
家にいながら検証レポートを受け取れる!
価格の妥当性を4つの方法でチェック
将来の売りやすさを3つの着眼点で検証
エリアの将来性を6つの指標でチェック
豪華特典付き、家の買い方の秘訣もわかる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA