え、物件情報量ってどの不動産屋も一緒なの?!ネット物件の大元を知る方法

SUUMO・HOME’S・at-home…物件情報がネットに散らばり過ぎ!?

マイホーム探しといえば物件情報。ネットでSUUMOやat-home(アットホーム)などの物件情報サイト巡りに忙しい方も多いのではないでしょうか。

それに不動産会社のホームページでも物件情報が所狭しと載っています。

 

 

あっちもチェックして、こっちもチェックして…とネットに散らばりすぎている物件情報を探し続けて疲れる方もいますよね。。

さて、この物件情報サイトに載っている物件は、どこから湧いて出てくるかご存じでしょうか。

実は、どの不動産会社も使っている「REINS」(レインズ)という物件共有データベースに登録されている物件情報をあらゆるところに転載しているだけなのです。

ネットで気になる物件を発見!⇒物件を載せている会社に連絡しなくていい

ネットの物件情報サイトから問い合わせる場合には、その物件を掲載している会社に問い合わせることが多いと思います。

ただ、インターネットに物件情報を見つけたとして、物件を載せてある会社に問い合わせなくてもいいのです。

さらにいえば、まったく物件情報をネットに載せていない会社であっても、REINSを介してすべての物件情報を紹介することができます。

 

 

特に直接不動産会社に訪問した時には、不動産会社の営業担当者がパソコン画面をみながら(これがREINSです!)物件を見繕ってお客様に物件を紹介してくれますよね。

このようにREINSというシステムがあるため、数多くある不動産会社のどこにいっても、どの物件でも紹介してもらうことができます。

ネットに物件情報を転載していない会社であっても、直接その会社にいけば物件を紹介することも内覧(内見)することも、取引(契約)することも問題なくできるのです。

お客様(買主)は仲介会社を選ぶことができる!嫌な業者はお断りしよう

どの不動産会社でも、同じ物件を紹介できることがわかりました。

ということは、押し売りしてくるような危険な業者や、対応の悪い嫌な不動産会社をお断りしても別の仲介会社を通じて取引することができるということでもあります。

むしろ、物件情報を載せまくってアクセスを稼ぎ、自社への問い合わせを誘導する会社も少なくありません。何の検証もせずに取引を進めようとする会社は敬遠した方がいいでしょう。

安全で後悔のない取引をするためにも、物件紹介だけをメインに行うところではなく、検証業務に力をいれる会社を選びましょう。

同じ仲介手数料を払うなら、その中身が広告費として使われるより「買ってもいい不動産か?」をチェックすることに使われて欲しいですね。

ぜひ「不動産会社を選ぶ」というお客様の権利をフルに活用しましょう!

他の不動産会社に変えたい場合はどうしたらいい?仲介業者はコンビニと同じ?

REINSを説明する不動産会社を選ぶ!物件情報を隠さない業者が安心

ちなみに、多くの不動産会社はREINSを隠したがります。どの不動産会社でも取引できることがバレることや、お客さんとの情報格差を埋めなくなるためです。

REINSを見せてくれなくとも、少なくとも「REINSや不動産取引の構造をしっかり説明してくれるか」も一つの判断材料として、情報の透明性のある不動産屋さんを選びましょう。

例えば、「儲からない物件だな…」「面倒な物件だな…」という業者として避けたい物件を意図的にインターネット掲載しないこともあります。反響(お問い合わせ)が来てほしくないからです。

こういうケースでは、不動産屋に訪問してもそういった物件を隠されることもあり、不動産会社が恣意的に物件情報を操作することになりかねません。

また、どの仲介業者もREINSを見ることができますが、だからといってすべての不動産屋さんがインターネットに物件情報を転載するわけではありません。

特に売主が個人の方の場合、「自宅を売られていることを知られたくない…」という想いから、インターネット上に物件広告を出すことを嫌う場合もあります。

REINSだけに掲載される物件も少なくないということです。情報格差を利用する業者ではなく、お客様と一緒に物件を選ぶ不動産会社が安心ですね。

【例外】非公開物件は特定の不動産会社しか取り扱わない。押し売りの場合も多い

ごく一部の物件はREINSに登録されず、インターネットの物件情報サイトにのみ掲載されているものがあります。

いわゆる非公開物件(未公開物件)です。非公開とする理由で最も多いものは、売主からも買主からも仲介手数料をもらえる「両手仲介取引」を狙って、他の不動産会社(客付会社)を排除するためというものです。

REINSで不動産屋さんは繋がっていますが、逆にいえば、REINSに登録されなければ他社が預かった物件をお客様(買主)に紹介できません。

両手取引を狙いたい不動産屋は、REINSの登録をすると他社が買主さんを“見つけてしまう”ため、不都合なのです。

「非公開物件」といわれると掘り出し物件か?と魅力的に思ってしまいますが、ほとんどのケースでそんなことはありません。むしろ、両手仲介狙いで押し売りされる危険も伴います。

問い合わせをする際には、REINSに登録されている正規の物件かどうか確認してみましょう。

「非公開物件」は良い物件か?4つの事例で検証!危険な取引となるケースも…

ネット情報は一部。ほぼ全ての売り出し物件を見るには“物件提案ロボ”

不動産会社専用の物件データベース「REINS」、これによってどの不動産会社に行ってもどの物件でも取引できることが分かりました。

不動産の取引構造をしっかりと理解した上で、マイホーム購入を進めていきたいですね。

ちなみに、物件情報をリアルタイムかつ網羅的に知りたい場合には、無料アプリ「物件提案ロボ」がおすすめです。

 

 

これは、不動産事業者が利用するデータベースと同等の、現在売りに出ているほぼ全ての物件情報をご覧いただけるサービスです。

希望条件に合致する物件が新たに売り出されれば24時間以内にメールでお届けする優れもの。しかも、AIによる物件評価書付きです。

無料ですので、ぜひお気軽にご利用くださいね!

【P.S.】失敗しない家の買い方を2時間でマスター!【大好評セミナー】

現在「家の買い方セミナー」(無料)を開催中です。

多くの方から高い評価を得ているこのセミナー。まだ家を買うかどうか決まっていない方から、既に取引を進めている方までぜひお気軽にご参加ください!

不動産屋の選び方・物件の見抜き方
物件サイトに潜むリスク・落とし穴
【実例】危険な取引/住宅購入の失敗
取引を有利に進める3つのコツ etc…

※【実績】最高評価“来て良かった!”が98%超!