え、物件情報量ってどの不動産屋も一緒なの?!ネット物件の大元を知る方法

SUUMO・HOME’S・at-home…物件情報がネットに散らばり過ぎ!?

マイホーム探しといえば物件情報。ネットでSUUMOやat-home(アットホーム)などの物件情報サイト巡りに忙しい方も多いのではないでしょうか。

それに不動産会社のホームページでも物件情報が所狭しと載っています。

あっちもチェックして、こっちもチェックして…とネットに散らばりすぎている物件情報を探し続けて疲れる方もいますよね。。

さて、この物件情報サイトに載っている物件は、どこから湧いて出てくるかご存じでしょうか。

実は、どの不動産会社も使っている「REINS」(レインズ)という物件共有データベースに登録されている物件情報をあらゆるところに転載しているだけなのです。

REINSは不動産会社版のSUUMOみたいなもの。同じ物件をどの業者も紹介できる

REINSは、不動産会社版のSUUMOみたいなものです。不動産会社同士が物件情報を共有するために使う物件データベースです。

例えば、売主さんから「自宅を売ってくれ」と売却を依頼された不動産会社A社(売主側の仲介会社“元付業者”)がいます。この預かった物件をREINSに登録するのです。

そうすると、REINSに新着登録物件として全国の不動産会社(買主側の仲介業者“客付業者”)にこの物件が認識されます。この時点で、どの不動産会社もこの売主さんの物件を紹介・取引することができるようになります。

 

 

元付業者(A社)も客付業者(その他大勢の不動産会社)も、いずれも物件情報サイトに載せたりチラシを配布したりして買主さんを見つけるように動くのです。

多くの不動産会社は、このREINSの登録物件を毎日のようにチェックしています。

その物件をSUUMOやHOME’Sなどのインターネットの物件情報サイトに転載しているのです。だから同じ物件なのに、違う不動産会社の名前で物件が載せられているのをよく見かけるのですね。

買主(お客様)は仲介会社を選ぶことができる!(嫌な業者はお断りする)

買主さんは、ネットの物件情報サイトから問い合わせる場合には、その物件を掲載している会社(元付の場合も客付けの場合もあります)に問い合わせることになります。

また、直接元付業者の店舗に訪問する(問い合わせる)こともあれば、客付業者に問い合わせることもできます。物件は一つでもいろいろな問い合わせルートがあるのです。

このようにREINSというシステムがあるため、数多くある不動産会社のどこにいっても、どの物件でも紹介してもらうことができます。

 

 

どの仲介業者もREINSを見ることができますが、だからといってすべての不動産屋さんがインターネットに物件情報を転載するわけではありません。

ネットに物件情報を転載していない会社であっても、直接その会社にいけば、物件を紹介することも内覧(内見)することも、取引(契約)することも問題なくできます。

つまり、不動産会社がREINSというデータベースで繋がっていることで、買主さんには仲介業者を選ぶことができる強い権利があるということです。

他の不動産会社に変えたい場合はどうしたらいい?仲介業者はコンビニと同じ?

ネットで気になる物件を発見!⇒物件を載せている会社に連絡しなくていい

逆にいえば、押し売りしてくるような危険な業者や、対応の悪い嫌な不動産会社をお断りしても別の仲介会社を通じて取引することができるということです。

また、インターネットに物件情報を見つけても、物件を載せてある会社に問い合わせなくても構わないのです。

まったく物件情報をネットに載せていない会社であっても、REINSを介して物件情報を紹介することができます。

 

 

むしろ、物件情報を載せまくってアクセスを稼ぎ、自社への問い合わせを誘導する会社も少なくありません。何の検証もせずに取引を進めようとする会社は敬遠した方がいいでしょう。

安全で後悔のない取引をするためにも、物件紹介だけをメインに行うところではなく、検証業務に力をいれる会社を選びましょう。

同じ仲介手数料を払うなら、その中身が広告費として使われるより「買ってもいい不動産か?」をチェックすることに使われて欲しいですね。ぜひ「不動産会社を選ぶ」という強い権利をフルに活用しましょう。

【例外】非公開物件は特定の不動産会社しか取り扱わない。押し売りの場合も多い

一部の物件はREINSに登録されず、インターネットの物件情報サイトにのみ掲載されているものがあります。

いわゆる非公開物件(未公開物件)です。非公開とする理由で最も多いものは、売主からも買主からも仲介手数料をもらえる「両手仲介取引」を狙って、他の不動産会社(客付会社)を排除するためというものです。

REINSで不動産屋さんは繋がっていますが、逆にいえば、REINSに登録されなければ他社が預かった物件をお客様(買主)に紹介できません。

両手取引を狙いたい不動産屋は、REINSの登録をすると他社が買主さんを“見つけてしまう”ため、不都合なのです。

「非公開物件」といわれると掘り出し物件か?と魅力的に思ってしまいますが、ほとんどのケースでそんなことはありません。むしろ、両手仲介狙いで押し売りされる危険も伴います。

問い合わせをする際には、REINSに登録されている正規の物件かどうか確認してみましょう。

「非公開物件」は良い物件か?4つの事例で検証!危険な取引となるケースも…

ネット情報は一部。ほぼ全ての物件(REINS)を見るには“物件提案ロボ”

REINSは不動産会社専用の物件データベースです。基本的に、個人のお客さんはこの物件データベース(REINS)を見ることはできません。

不動産会社に訪問して希望条件を伝えた時、不動産営業マンがパソコンでカチャカチャと物件検索していたらREINSの画面を見ています。多くの不動産会社はREINSをお客さんに見せたがりません

もしREINSの物件を手軽に知りたい場合には無料アプリ「物件提案ロボ」がおすすめです。

 

 

これは、希望条件に合致する物件がREINSに登録されれば24時間以内にメールでお届けする優れものです。しかも、AIによる物件評価書付きです。

SUUMOなどの物件情報サイトに物件が載せらずとも、直接REINSからご紹介しますのでどんな物件が売り出されているか分かります。

尚、直接REINSを見たい方は、ミトミにご来店いただければREINSを一緒にご覧になりながら物件探しもできます。ぜひご利用くださいね。

物件情報はいいことしか書かれてない?購入検討の際には人(プロ)の目で確認!

物件提案ロボ(SelFin)では、AI(人工知能)が物件の価値やリスクを評価した評価レポートをご送付します。

ただ、本格的にその物件の購入をご検討される場合には、ぜひ人(プロ)の目で確認してください。その他のリスクや、追加情報などさまざまなことが分かります。

 

 

物件情報サイトに載ってあるのは、図面や写真などの事実と、その他“いいこと”しか書かれていません。その裏に隠されたリスクや調査すべきポイントなどはやはり一つ一つチェックしていく必要があります。

どんなに内装が綺麗な物件でも、購入を検討される場合には一度立ち止まって「本当に買ってもいい物件か?」ということを確認してみてくださいね。

今だけ限定公開中!【電子書籍】が無料ダウンロードできる!

これが知りたかった…「買ってはいけない不動産 行ってはいけない不動産屋」

これまで誰も言ってこなかった、不動産業界の裏側を大公開しています。

マイホームの買い方がわからない、不動産屋に騙されたくない、なぜ押し売りしてくるのか本当のところを知りたい…こういった方にはピッタリの内容です。これを読むことであなたは…



行ってはいけない不動産屋が見分けられるようになります
なぜ不動産会社が押し売りしてくるか分かります。押し売りが怖くなくなります
買ってはいけない物件がわかります
物件情報や過去の取引情報などが、どこに行けば効率よく入手できるかわかります
安心してマイホームの取引ができるようになります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA