不動産屋への誤解あるある3つ。頼れる不動産エージェントを選びたい!

あまり接する機会のない不動産業界。だからこそ誤解が生まれやすい

一般の方にとって、不動産取引は人生の中でそう何度も日常的に経験するものではありませんよね。

まして、不動産は怪しい…胡散臭い…といわれてしまう業界。不動産会社(仲介業者)への誤解もいろいろ生まれます。

ここでは不動産会社への誤解を3つをご紹介します。

①家賃や物件価格の交渉相手は不動産仲介業者ではない!

お部屋探しやマイホーム購入などにおいて、不動産会社は本来みなさんのパートナーです。

賃貸物件で家賃を下げて欲しいと思ったり、マイホームの物件価格をもう一声値下げして欲しいと思うことがあった時、不動産会社は交渉相手でも駆け引きをする相手でもありません。

shakehands_ss値段をを決めるのは貸主や売主、つまり借りたいと思ったり買いたいと考えている不動産のオーナー(所有者)です。

あなたとオーナーの間に入る仲介業者は、あなたの希望をオーナーに伝え、交渉するあなたのパートナーなのです。

②必ずしも近場の業者がいいわけではない。エージェントを選ぶ!

不動産業界はREINS(レインズ)で繋がっており、ほとんどの物件情報を共有しています。

例えばミトミのように板橋区にある不動産会社であっても、品川区や新宿区など他の区や、千葉県など他の道府県の契約もできます。実際、ミトミでは大阪府や京都府、広島県や東北地方などの契約実績もあります。

global_ssといっても、物件を共有しているからといって、わざわざ物件から遠い業者で契約をする意味はないと考えられるかもしれません。

地場の業者であればその地域固有の情報を持っている可能性は高いといえますし、賃貸物件の場合は近場の業者がよい場合が多いでしょう。

ミトミでは、不動産業者(プロ)と同じ物件データベースをお客様にも無料公開しています。

【REINS】プロの業者と同じ物件情報をみる!成約価格など過去の取引情報も

全国のほぼすべての売り物件の情報がご覧になれ、成約価格など過去の取引情報も把握できます。

ぜひ納得のマイホーム購入のためにもご利用ください。

「モノ売り業者」か「エージェント」かという不動産屋の選び方を持つ!

しかし、特にマイホームや投資物件の場合には、長い目でみて安心な取引を実現することが極めて大切になります。

資産価値(将来の売却価格)や耐震性買ってはいけない物件などといったリスク情報を見抜く力やわかりやすく伝える姿勢、インスペクションの実施や瑕疵保険の付帯提案、ファイナンシャルプランや住宅ローンの組成など、物件情報以外のみえない部分も重要です。

つまり「不動産会社同士が物件を共有している」ということは、「物件の所在地に縛られずに不動産会社を選ぶことができる」ということを意味しています。

物件から近いか遠いかという視点で業者を選ぶことにこだわらず、物件情報の提供のみを行う「モノ売り不動産屋」か、リスクやマイナス情報(ネガティブ情報)を含めてあなたの代理人として動いてくれる「不動産エージェント」かという考え方も重要です。

もちろん、不動産のプロとして物件情報以外のサポートをしっかりサポートしてくれる不動産エージェントが物件の近場にあればいうことはありません。あなたにぴったりな不動産屋を選んでくださいね!

ミトミでは、独立系FPによるファイナンシャルプラン作成サービスをご提供しています。

ぜひ安心安全なマイホーム購入のためにもご利用ください。

【ファイナンシャルプラン】FPが資金計画を作成、“借りてよい額”がわかる

③「今、申し込まないとなくなります!決めてください!」は嘘ではない

おそらく、普通の人が思うよりも「買付(入居)申し込み」合戦は頻繁に起こります。

「今、申し込まないと他の方に取られてしまうかもしれません。お急ぎください!」といわれた場合、「自分が買おうと(借りようと)している家に限ってそんなことないよね。そんな営業トークに騙されないよ」と思われるかもしれません。

業者によっては嘘を言って無理やり契約に持ち込もうとしている場合もありますが、必ずしもそれが嘘でない場合も結構あるのです。

大切なのは検討時間ではない。あなたが不動産を買う目的を満足できるか

不動産は一品物で、同じものは存在しません。不動産が売りに出されるタイミングもよめませんし、だからこそ「物件はご縁もの」といわれます

時期によってはなかなか思い通りの物件が出ないこともあり、じっくり好機を待つことが最善のケースもあります。しかし、今この瞬間が決断の時だ!というタイミングもあるのです。それもあなたの都合を無視してやってくるのです。

「検討し始めて時間が経っていないから」「他にもみてみて、さらにいい物件がなかったらこの物件に決める」としているうちに元々の物件が他の人に取られてしまったということは少なくないのです。

もっともっと探してみたいというお気持ちもとてもよく分かるのですが、あなたの目的を満足する物件に巡り合えば「決断する」というアクションを取ることがよい買い物をする秘訣でもあります。

取引において注意しなければならないのは、検討時間などといったあなたの納得度合いではなく、他の買主候補者との競争の中で物件を探しているということです。

結論の先延ばしはリスクになる。信頼できる不動産エージェントと取引を!

これだけ物件が多く存在するため、そんなこと年に数回じゃないの?思われるかもしれません。しかしあなたが「いい!」と思う物件は他の方も「いい!」と思うものです。

特に、家余りの時代といわれて久しい今、不動産がたくさんあっても、魅力的な一部の住宅の奪い合いともいえるかもしれません。

だからといって事前検討せずに安易に申し込みをするべきでもありませんし、申し込みが殺到するからといって(他の人がいいと言っても)あなたにとってその物件が本当によいものかを考えるべきです。

ここで言いたいのは、事前検討もしたし一通り納得した上で「他の物件もみてみたい」「まだいい物件はあるんじゃないの」といって結論を先延ばしにすることはリスクがあるということです。

疑い深いくらいでちょうどいいかもしれない不動産業界。。だからこそ不動産より不動産”屋”、そして信頼できる不動産エージェント。一緒の方向をみながら気持ちよく取引したいですね!

【SelFin】AI(人工知能)が物件の価値とリスクを一瞬で判断!

こんなリスク情報、不動産屋さんも教えてくれなかった…

「不動産屋はいいことしか言わない…」「ネットの物件情報もいいことしか書いていない…」ならばAIを使ってこっそりチェック!(無料)

“買ってはいけない不動産”を誰でも簡単に判定できる「SelFin(セルフィン)」、無料で操作も簡単。これを使うことで分かることは…





価格は適正か(妥当性)
将来の売りやすさ(流動性)
住宅ローン減税の対象かどうか
地震に強い建物か(耐震性)
管理の状況(マンション)
土地の資産性(戸建て)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA